既婚者も悩む射精管閉鎖筋の衰えるためには

うまく性交が行えなくなったと悩む既婚者は非常に多く存在します。
性交がうまく行えなくなる原因としてはEDと呼ばれる勃起不全による中折れや射精管閉鎖筋の衰えなどで起こる早漏などがあります。
EDの原因は糖尿病であるとか高血圧であるといった生活習慣病が原因で起こるとこもあれば、不安障害やうつ病などの心因性のものなどが考えられます。
勃起とは陰茎の海綿体に血流が集中することで発生する現象なので動脈硬化などにより血流に異常があればうまく機能しません。
そして勃起のトリガーになるのは性的興奮による副交感神経の活性化なのですが、この副交感神経の活性化は心因性の病気などや男性ホルモンの減少により勃起を持続させる機能が低下するなどでうまく機能しなくなります。
こういった勃起不全に化してはレビトラなどのED治療薬に含まれるタダラフィルによって改善することが可能ですが、性交機能低下の要因となるもう一方の早漏などの症状に対しての効果はどうなのでしょうか。
早漏と一言で言っても勃起不全同様、その原因は複数あります。
その原因の一つが勃起不全と同じ、男性ホルモンの減衰です。
早漏の原因がこの男性ホルモンの減衰であるならば、ED治療薬に使われているタダラフィルはその補助を行い勃起を抑制する働きを抑える効果があるため、男性ホルモンが減ったことで起きる早漏はタダラフィルの使用によって改善する可能性が高いです。
しかし早漏の原因が射精管閉鎖筋の衰えである場合、ED治療薬が効果を及ぼす範囲外の症状となるため、タダラフィルなどの使用によっても改善しない可能性が高いです。
ではこの射精管閉鎖筋の衰えによる早漏を治すにはどうすればいいかというと、筋力の衰えなのでジョギングやスクワットなどの筋トレが効果的です。