媚薬に関しての誤解

セックスレスや女性の不感症を改善する治療薬として古くから伝わるのが媚薬と言われる女性発情薬です。
男性で言う精力剤やED治療薬のようなものです。
しかしこの媚薬に関して誤解を持っている人が非常に多くいます。
一番多い誤解が、媚薬を使用した女性を淫乱にさせ、どんな男性とでもセックスをしてしまうような薬だと思っている人が多いのですが、実際の媚薬の効果は、性欲を呼び起こす効果や、セックス中の感度をアップさせ濡れる量を増やすといったような効果があります。
これは先ほど述べたセックスレスや女性の不感症の改善する効果です。
そして媚薬は日本でも海外でも認められている薬であり違法な薬ではないので安心して使用することができる薬です。
一口に媚薬と言っても飲むタイプと塗るタイプ、スプレータイプの3タイプあり使用方法も違ってきます。
まず飲むタイプはドリンク系とサプリメント系があり、ドリンク系は行為の30分前から1時間前に服用し、サプリメントはピルと同様毎日服用することで効果が出てくるものが多いです。
次に塗るタイプは行為の直前に性器や乳首にクリームやジェル状の媚薬を塗ることで感度をアップさせる効果が出てきます。
最後にスプレータイプは体に1吹きするだけで性欲を高める効果があります。